MENU

  • 見積無料
  • 診断無料
  • 塗装・防水に関するご相談・お問い合わせ

0120-611-808 受付時間 10時~18時
(日曜日定休)

無料お見積依頼

創業44年外壁塗装専門ショールームにご来店下さい ウルトラペイントシリーズ
稲沢市・清須市・あま市を中心にお家を長持ちさせる安心と信頼企業 フォーグッド

6000件超の塗装実績!

  • 施工事例一覧
  • フォーグッドの日誌
  • フォーグッドからのお知らせ
60坪の外壁塗装の費用相場は145~225万円!内訳や費用が変わるポイントも解説

60坪の外壁塗装の費用相場は145~225万円!内訳や費用が変わるポイントも解説

60坪の外壁塗装相場は約145~225万円(足場代などすべて込み)になります。このブログでは、 ・60坪の外壁塗装相場の求め方・60坪のお家の詳しい見積書例・塗装費用を安く抑えるポイント などを丁寧に解説していきます。 以下のような方はぜひこのブログ記事を参考にしてみてください! ・今更聞けない建坪と延床の違いって何・外壁塗装の具体的な費用内訳が知りたい・外壁塗装を安く抑えるためのポイントを知りたい 目次   60坪の外壁塗装相場 60坪の外壁面積の求め方 60坪の外壁塗装の費用の内訳 外壁塗装で費用が変わるポイントは? 60坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント 60坪の外壁塗装費用を安く抑える方法 まとめ 60坪の外壁塗装相場   外壁塗装の一般的な60坪一戸建ての場合、費用相場(シリコン塗料)は約145~225万円になります。 こちらは、建坪60坪の住宅における費用の相場になります。建坪については次の項目で詳しく解説していきます。 この費用にこれだけの幅があるのは、同じ60坪の家でも窓の大きさにより塗装面積に差があることや、軒天などの付帯部塗装の差によって生じます。 すぐにでもご自宅の見積もりが欲しい場合は当社にお気軽にご相談ください。 ↓ ↓ ↓   建坪と延べ床面積はどう違う?  外壁塗装では、よく建坪・延べ床面積などの表記が出てきます。急に建坪・延べ床面積と出てくると何のことか非常にわかりづらいですよね、、、 そのため、この項目ではどこよりも分かりやすく丁寧に建坪・延べ床面積について解説をいたします。 建坪とは建物が占めている土地の坪数を表します。 延べ床面積(延床)とは、建物の各階の床面積の合計のことを表します。 注意点として、延べ床面積に含まれないものは以下の3つがあります。 1.吹抜け2.ロフト天井高が1.4m以下、ロフトがある階の2分の1以下の面積、はしごが固定されていない場合は延床面積には含まれません。3.ベランダ・バルコニーベランダやバルコニーは外壁からの出幅が2m以下の部分は延床面積には含まれません。 外壁塗装時は吹抜けやロフトは室内内部の構造のため、外壁塗装の費用には影響ありません。 しかし、ベランダ・バルコニーは外壁塗装時は手すり壁部分の表面・裏面と床防水の塗装が必要になってくるため追加費用がかかってきます。※ベランダの形や大きさによって費用は変動します。 60坪の外壁面積の求め方   外壁塗装の費用において、費用を大きく左右するのが外壁塗装の塗装部分の面積です。 外壁塗装の費用の判断が付かない場合は以下の計算式に当てはめることで簡単に自宅の外壁面積を出すことが出来ます。 計算式:延べ床数の坪数 × 3.3㎡ ×  係数1.5 = 外壁面積 1坪=約3.3㎡ 係数1.2~1.7(家の形が正方形であれば1.2に近く、複雑な形であれば1.7に近いとされます。一般的なお家を考え、当社経験を含め係数1.5と計算致します。) 例えば、以下のようなお家の場合の塗装面積については上記の式で大体の数値を計算できます。 今回このブログでポイントをあてている60坪の住宅とは以下の画像のような建坪30坪で二階建てのことを指します。 例(60坪総2階 戸建ての場合):30坪 × 3.3㎡ × 2 (総2階) × 1.5 = 297㎡ このことから、塗装面積は大体297㎡となります。 60坪の外壁塗装の費用の内訳   外壁塗装の費用は、外壁だけではなく 軒天などの付帯部分 外壁の目地などのコーキング部 ベランダ防水 足場代 などがかかってきます。 それらを含めた実際の60坪の外壁塗装費用相場の見積書例は以下のようになります。 内訳 面積 単価 金額 外壁塗装 297㎡     2,300~3,000円/㎡ 683,100円~891,000円 高圧洗浄 297㎡   150~300円/㎡ 44,550円~89,100円 養生 297㎡   150~300円/㎡ 44,550円~89,100円 軒天 32㎡ 900~1,500円/㎡ 28,800円~48,000円 破風・鼻隠し 64m 500~900円/m 32,000円~57,600円 雨戸・戸袋 16枚 1,500~2,000円/枚 24,000円~32,000円 シャッターボックス 16個 1,500~2,000円/個 24,000円~32,000円 出窓・庇 8個 1,500~2,000円/個 12,000円~16,000円 樋 75m 500~900円/m 37,500円~67,500円 水切り 57m 600~1,000円/m 34,200円~57,000円 コーキング打替え 180m 700~1,200円/m 126,000円~216,000円 コーキング増し打ち 270m 500~1,000円/m 135,000円~270,000円 足場 399㎡ 600~900円/㎡ 239,400円~359,100円 合計     1,465,100円~2,224,400円 外壁塗装で費用が変わるポイントは?   外壁塗装で費用が変わるポイントは以下の3つです。 ①塗料の種類 ②外壁の素材 ③劣化具合 ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。   塗料の種類によって費用が変わる 外壁に使用する塗料は色んな種類があります。 その種類によって価格や耐久性が違うため以下の表をご覧ください。 塗料の種類 耐久性 単価(㎡) *3回塗りの合計 アクリル 5~7年 1,400~1,600円     415,800円~475,200円 ウレタン 8~10年 1,700~2,200円 504,900円~653,400円 シリコン 10~15年 2,000~3,000円 594,000円~891,000円 ハイブリッド塗料 ※当社イチオシ 15~18年 2,500~3,000円 742,500円~891,000円 フッ素 15~18年 3,000~3,800円 891,000円~1,128,600円 無機塗料 ※当社イチオシ 20~25年 3,500~4,000円 1,039,500円~1,188,000円 ※延床60坪(297㎡)2階建て住宅 グレードが高ければ高いほど費用が高くなりますが、その分耐久年数や機能がよくなるため、外壁塗装業者にそれぞれの特徴などを聞きながら決めていくのがいいでしょう。 外壁塗装の塗料の種類や、それぞれの違いについては以下のブログで詳しく解説しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装の塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介 当社ではハイブリット塗料・無機塗料をおすすめしております。 一回の外壁塗装における費用は上がりますが、長期的な目で見た場合のトータルコストでは高耐久の塗料がコストパフォーマンスが良い傾向があるからです。 外壁材の種類によっても費用が変わる お家の外壁材の種類によっても、外壁塗装の塗装相場は大きく変わります。 一般的な外壁材の種類としては以下の5つがあります。 タイル トタン サイディング ALC モルタル それぞれの特徴と、60坪の平均的な費用相場は以下の表になります。 外壁の種類 特徴 ㎡単価 60坪の外壁塗装の費用相場 タイル 耐久性、色あせしにくい特徴 2,300円~4,000円 683,100円~1,188,000円 トタン サビなどが発生しやすいが継ぎ目がなくコーキング費用が0円 1,200円〜5,000円 356,400円~1,485,000円 サイディング デザイン性があり、耐久性にも優れる 5,000円〜10,000円 1,485,000円~2,970,000円 ALC 素材が軽く防火性や耐火性に優れる 1,700円〜5,500円 504,900円~1,633,500円 モルタル デザイン性に優れる 2,000円〜8,000円 594,000円~2,376,000円 ※延床60坪2階建て(297㎡)の場合の外壁の種類ごとの費用相場となります。 ※使用する塗料のグレードによって㎡あたりの金額に幅があります。 劣化具合で費用が変わる 軽度の劣化であれば外壁塗装のみで補修可能ですが、重度の劣化の場合は塗装前の修繕やリフォームに時間と追加費用が掛かってしまいます。 症状は例えば、以下のようなものです。 外壁材のひび割れ 外壁のひび割れは、劣化の進行度合いによって費用が変化します。 ひび割れの進行度合いがひどい場合は塗装で補修できない場合もあります。 ひび割れに関する外壁塗装費用や劣化症状をより詳しく知りたい方は下記のブログ記事をご覧ください。 外壁のひび割れの4つの症状と今すぐ修理すべきひび割れの症状について。 外壁のひび割れを症状ごとに補修費用を解説! コーキングの劣化 コーキングの劣化は、「剥がれ」「割れ」などさまざまです。それぞれ劣化症状によっても外壁塗装費用が変わってくるためこちらも確認が必要です。 コーキング部分の修理費用や劣化症状については、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 外壁コーキングの寿命はどれくらい?劣化原因と対応方法を解説 外壁のコーキング修理を考えている方に読んでほしい!修理費用の相場や方法をわかりやすく解説。 カビや藻が多く付いている カビなども高圧洗浄によって綺麗にできる場合もあれば、そうではない場合もあります。 外壁のカビなどについては、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 【外壁のカビ】原因と対策を紹介! 60坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント   ・数社に見積もり依頼をする まず第一に適正価格で塗装するためには数社に見積もりを依頼し見比べることがポイントになってくると思います。 ・完全自社施工の外壁塗装業者に依頼する 中間マージンの発生を抑える。/施工内容の伝達がスムーズに行えるメリットがあります。 ・見積書で詳細をきちんと表記をしていない業者に依頼する 見積書の表記で塗料の種類などを細かく記載していない場合や面積数などしっかりと数値を出していない業者は気を付けて下さい。 ・資格や許可証の有無 資格や許可証は誰でも簡単に手に入るものではありません。 プロから見て信頼できる業者、知識がきちんとあり適確な診断ができる業者という証です。 業者選びにお困りの場合は下記のブログをお読みください。 外壁塗装の業者選びで困っている方に読んでほしい!プロが業者選びの5つのポイントを解説 60坪の外壁塗装費用を安く抑える方法   将来的にみた場合、屋根の塗装も一緒に行うことでよりお得になります。 理由としては、外壁塗装をする際も屋根塗装をする際もどちらも足場費用がかかってきますが、その足場費用(22~35万円くらい)が一回で済むからです。 外壁塗装だけよりはもちろん費用は高くなってしまいますが、数年後に屋根塗装も行う場合であれば一緒に行ったほうがお得です。 60坪の住宅の場合 合計金額(足場あり) 外壁塗装 150万~220万円 外壁塗装& 屋根塗装 180万~250万円 まとめ   ・60坪の外壁塗装相場は約145~225万円(シリコン塗料の場合) ・外壁塗装を安く抑えるポイントは屋根塗装も一緒に行い足場代を浮かせること ・外壁塗装では、塗料の種類、外壁材の種類、劣化の状況で費用も大きく変わる ですが、実際お客様のお家を見てみないことには、正確な金額を出すことは不可能な為、外壁塗装について気になる場合は一度お近くの外壁塗装屋さんにお尋ね下さい。 ブログをお読み頂いて当社に見積もりお願いしたい…でもまだ…と少しお考えのお客様。 当社フォーグッドでは、自社塗装職人が魂を込めて塗りあげます。 また、お客様を第一に考えたサービスや適正なお値段などを提供しております。 フォーグッドがどんなことを大切にしているか、よろしければ以下のリンクからぜひご覧になってみてください。 フォーグッドが稲沢市で選ばれる理由とは

2021.12.22 更新.

外壁塗装の足場費用は約15~25万円!自宅の足場代の計算方法や足場が必要な理由も紹介

外壁塗装の足場費用は約15~25万円!自宅の足場代の計算方法や足場が必要な理由も紹介

全国平均、建坪30坪(総2階建て)住宅の足場代は約15~25万円になります。 このブログでは、以下のような方にオススメの記事となっています。 概算の足場費用を自分で計算する方法 足場の必要性 足場でよくあるトラブルなどを 丁寧に解説しています。 目次   外壁塗装の足場費用の相場は? 外壁塗装の足場費用を自分で計算する方法 足場費用が相場よりも高くなるのはどんな場合? 足場代無料って信じていいの? 外壁塗装に足場が必要な4つの理由 足場の種類と特徴について 外壁塗装の足場でよくあるトラブル まとめ 外壁塗装の足場費用の相場は?   2階建て住宅各建坪数別、足場の費用相場です。 足場は外壁の周りに設置するものになりますので、坪数が大きくなればそれに応じて費用も大きくなります。 坪数 足場設置面積 足場単価 費用 20坪  242㎡ 600~900円/㎡ 145,200~217,800円 30坪 273㎡ 600~900円/㎡ 163,800~245,700円 40坪  288㎡ 600~900円/㎡ 172,800~259,200円 50坪 311㎡ 600~900円/㎡ 186,600~279,900円 60坪  399㎡ 600~900円/㎡ 239,400~359,100円 70坪  427㎡ 600~900円/㎡ 256,200~384,300円   外壁塗装の足場費用を自分で計算する方法   足場の大体の費用は家の外周の長さで計算できます。   例えば、上の図のように、2階建ての延べ床面積が約40坪(136㎡)の例を計算してみます。 1階当たり68㎡として計算しています。 家の外周は、以下の計算式で求められます。 縦の長さ + 横の長さ =外周の長さ (8m ×2) + (8.5m × 2) = 33m また足場の外周は、家のそれぞれの面に対して1mくらい離して建てるので { (1m+縦の長さ+1m) × 2 } + { (1m+横の長さ+1m) × 2 } = 足場の外周の長さ { (1m+8m+1m) × 2 } + { (1m+8.5m+1m) × 2 } = 41m となります。 さらに足場面積は、家の高さ7m(1階は約3~3.5mとなります。)として、7をかけたものが足場面積になります。 よって足場面積:41 ×7=288㎡になります。 この面積に対して、足場の単価(1㎡あたり600~900円)をかけたものが足場料金となります。 足場料金:288㎡ ×【600~900円】=172,800~259,200円 足場費用が相場よりも高くなるのはどんな場合?   足場の相場価格は、 ・トラックを直接現場の目の前に止められる・組む足場の高さがそれほど高くない  といった標準的なケースを想定しており、それ以外の想定外の状況に限り足場代が高くなる可能性があります。 例えば、以下のケースです。  ・玄関までが遠いケース坂道の途中に家が建っていて掘り込み式車庫が有る場合は相場より高くなる場合があります。 ・3階以上の建物のケース一般住宅の場合は2階建て住宅が多いため3階4階と高さがある場合は相場より高くなる場合があります。 ・トラックが現場まで入れないケース山道や細い道のためにトラックが現場まで入れない場合は相場より高くなる場合があります。 また、悪天候などで工期が伸びてしまう場合に、「追加費用はかかりますか?」とお客様からよく聞かれるのですが、基本的には追加費用はかかりませんのでご安心ください。 追加費用を請求してくる業者は悪徳業者の可能性があります。 足場代無料って信じていいの?   結論としては、足場代は無料にはなりません。 しかし、足場代は0円と見せかけて、他の項目に足場代分の費用が加算されている可能性があります。 以下のような無料のキャンペーンは要注意です。 「近所で塗装をしていて、足場をそこから持ってくるだけだから無料にできますよ!」 「現在キャンペーンなので足場代が無料です!」 足場代は大体15~25万はかかってきます。 最初は疑いますが、実際に見積書を見せられた際に足場代が0円になっているのを確認すると、安心してそのまま契約してしまう方が多いのも現状です。 そのため、見積もりをもらったら、足場だけではなく各見積もり項目を確認し、不当に高くなっている部分はないかチェックしましょう。 また、足場以外の外壁塗装相場が知りたい方は下記のブログをご覧ください。 外壁塗装の費用の相場は?坪数別の費用相場をお伝え! この記事では一般的な戸建ての外壁塗装の費用相場、費用内訳などを解説してます。 外壁塗装に足場が必要な理由4つ   外壁塗装には、足場は必ず必要です。 この項目では、なぜ足場が必要なのか、足場の重要性について解説していきます。 ①塗装スタッフの安全確保 高所での作業になるため、大前提として安全第一で仕事をしなくてはなりません。 また、足場を設置せずに塗装を行い事故が起きた場合は安全確保が出来ていないため、保険が下りず追加請求されてしまう可能性があります。 ②丁寧な作業ができる 足場がないと施工スタッフの姿勢が安定せず位置によって作業が雑になり、ムラができてしまいます。 例えば、断熱や遮熱機能付きの塗料を使用したところで、丁寧に塗装されていなければ、効果を発揮することができません。 ③近所への配慮にもなる さらに足場を組むと、その上に飛散防止ネットを設置することが出来るため、近隣に塗料が飛び散ってしまうことを防げます。 万一、近くの建物や通りかかった人に塗料がかかってしまっては一大事です。 ④法律の規定であるため 労働安全衛生法の定めにより、2mを超える高所作業では、作業員の安全のために、足場を設ける事とされています。 平屋だけのお宅でさえ、足場なしに作業をすると法律違反になります。 足場の種類と特徴について   職人が作業するためには欠かせない足場ですが、大きく分けて2つの種類があります。 今回は、代表的な足場の種類や役割について紹介します。 ・クサビ(ビケ)足場 ※当社は基本クサビ足場 凸凹が付いた金具をハンマーで打ち込み部材同士を接合して組み立てる足場です。 一定間隔で支柱となる交換を配置しアンチと呼ばれる踏み板を固定してつくります。 設置や解体が簡単で耐久性が高くコストパフォーマンスに優れています。 現状で使用されている足場で最も多く使用されています。 ・単管足場 単管足場は、以前は丸太の木材で組まれていたものが時代に伴って鉄パイプ(単管パイプ)で組み立てられるようになったものです。 単管パイプにクランプと呼ばれる接続金具を組み合わせてボルトで固定し組み立てます。 ビルの隙間や狭小地などでの工事で用いられます。主に解体現場で多く使用されています。 外壁塗装の足場でよくある4つのトラブル   外壁塗装は外での作業になるため、足場の設置などでも多少のトラブルが発生する可能性があります。 ここでは、よくある4つのトラブルとその対応策について解説していきます。 ①車や近隣住宅を傷付けてしまった 足場の組み立てや解体の際に、足場材が建物や車に当たり、近隣住人の家や車を傷付けてしまったら大変です。 もちろん業者に保証してもらえると思うかも知れませんが、意外と簡単な話ではありません。 設置を行う足場業者は、塗装工事を請け負っている塗装業者の下請けになっている場合が多いです。 すると、責任の所在が曖昧になることがあります。 対応策 工事に入る前に足場業者または塗装業者が保険に加入しているか必ず確認をしましょう。 また、保険の適用範囲に関して、工事箇所以外の場所や工事関係者以外(隣人など)の人まで対象となっているか必ず確認して下さい。 ②庭の木が邪魔で足場を設置できない 足場を設置する範囲内に、木が植えられている場合があります。 プランターや鉢植え程度なら移動するだけで済みますが、大きな木や花壇になるとそうはいきません。 対応策 植え替えなどの大きな作業が必要となる場合はその際にかかる費用がどうなるのかも、事前に業者と確認し、すり合わせておきましょう。 ③自宅の敷地だけではスペースが足りない 足場を設置するにあたり自宅の敷地だけではスペースが確保できない場合があります。 あまりに土地が狭い場合は隣の家の敷地を借りて設置する必要があります。 対応策 その際は、隣家の住人に事情の説明をして、許可をもらわなければいけません。 勝手に隣人宅に侵入してしまうと賠償などの大きな問題に発展する可能性もあります。 ④足場設置・解体時の騒音 足場の設置や解体時にはどうしても金属音が出てしまいます。 騒音によっての近隣住民とのトラブルは非常によくある問題です。 対応策 近隣の方には期間などを前もってお伝えしておくといいでしょう。 それでもクレームを言われた場合は塗装業者に話し、鉄筋を地面に放り投げたりなど、明らかに周辺住民へ気を遣ってない場合は改善してもらいましょう。 また、作業が円滑に進められるよう、近隣への配慮やあいさつ回りを徹底するのがおすすめです。 まとめ   ここまで、外壁塗装の足場費用や足場の必要性や、よくあるトラブルなどについて解説してきました。 ・一般的な住宅(建坪30坪の総2階建て)の足場代は約15~25万円になります。 ・玄関までが遠い、3階以上の建物、トラックが現場まで入れないなどのケースは追加料金が発生する場合があります。 ・足場代無料!といわれたら他の項目に足場代分の費用が加算されている場合があります。 また、足場は【安全確保】・【丁寧な作業】・【近隣への配慮】・【法令遵守】の観点から必要不可欠なものとなります。 足場設置において気ほしいポイントや足場の必要性を解説しましたが、足場以外の外壁塗装について気になる場合ぜひ以下のリンクもご覧ください。 外壁塗装の費用の相場は?坪数別の費用相場をお伝え!

2021.12.15 更新.

20坪の外壁塗装の相場費用は?3階建ての場合も徹底解説

20坪の外壁塗装相場は約50~90万円になります。 このブログでは、 20坪の外壁塗装相場の求め方 20坪のお家の実際の外壁塗装見積書例 外壁塗装を安く抑えるポイント などを丁寧に解説していきます。 以下のような方はぜひこのブログ記事を参考にしてみてください! 初めての外壁塗装で費用感がわからず心配 外壁塗装の具体的な費用内訳が知りたい 外壁塗装を安く抑えるためのポイントを知りたい 目次   20坪の外壁塗装相場 20坪の外壁面積の求め方 20坪の外壁塗装の費用の内訳 外壁塗装で費用が変わるポイントは? 20坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント 20坪の外壁塗装費用を安く抑える方法 まとめ 20坪の外壁塗装相場   外壁塗装の一般的な20坪の一戸建て(2階建て)の場合、費用相場(シリコン塗料)は約50~90万円になります。 この費用にこれだけの幅があるのは、同じ20坪の家でも窓の大きさにより塗装面積に差があることや、軒天などの付帯部塗装の差によって生じます。 上記のお値段を見て、見積もりをすぐに出してほしい場合は当社にお気軽にご相談ください。 ↓ ↓ ↓   20坪の外壁塗装面積の求め方   外壁塗装の費用において、費用を大きく左右するのが外壁塗装の塗装部分の面積です。 外壁塗装の面積とは、全体の外壁の面積から窓などの塗装しない面積を差し引いたものになります。 外壁塗装をこれから考えられている方、既に見積りをもらっている方も費用の判断が付かない場合は以下の計算式に当てはめると外壁面積を出すことが出来ます。 計算式:延べ床数の坪数 × 3.3㎡ ×  係数1.5 = 外壁面積 1坪=約3.3㎡ 係数1.2~1.7(家の形が正方形であれば1.2に近く、複雑な形であれば1.7に近いとされます。一般的なお家を考え、当社経験を含め係数1.5と計算致します。) 例えば、以下のようなお家の場合の塗装面積については上記の式で大体の数値を計算できます。 例(20坪総2階 戸建ての場合):10坪 × 3.3㎡ × 2 (総2階) × 1.5 = 99㎡ このことから、塗装面積は大体99㎡となります。 20坪の外壁塗装の費用の内訳   外壁塗装の費用は、外壁だけではなく 軒天などの付帯部分 外壁の目地などのコーキング部 ベランダ防水 足場代 などがかかってきます。 それらを含めた実際の20坪の外壁塗装費用相場の見積書例は以下のようになります。 内訳 面積 単価 金額 外壁塗装 99㎡     2,300~3,000円/㎡ 227,700~297,000円 高圧洗浄 99㎡   150~300円/㎡ 14,850~29,700円 養生 99㎡   150~300円/㎡ 14,850~29,700円 軒天 12㎡ 900~1,500円/㎡ 10,800~18,000円 破風・鼻隠し 24m 500~900円/m 2,000~21,600円 雨戸・戸袋 6枚 1,500~2,000円/枚 9,000~12,000円 シャッターボックス 6個 1,500~2,000円/個 9,000~12,000円 出窓・庇 3個 1,500~2,000円/個 4,500~6,000円 樋 28m 500~900円/m 14,000~25,200円 水切り 21m 600~1,000円/m 12,600~21,000円 コーキング打替え 70m 700~1,200円/m 49,000~84,000円 コーキング増し打ち 105m 500~1,000円/m 52,500~105,000円 足場 242㎡ 600~900円/㎡ 145,000~217,500円 合計金額 565,800~878,700円 20坪かつ、3階建て住宅の外壁塗装費用 20坪住宅は建坪が小さくなってしまう為、3階建てのお家が多い傾向にあります。 3階建ての場合の外壁塗装面積も先程の計算式でご自身で算出することが可能です。 7坪 × 3.3㎡ × 2(総2階) × 1.5  =   69.3㎡6坪 × 3.3㎡ × 1.5 =   29.7㎡69.3㎡   +    29.7㎡   =   99㎡               延べ床面積20坪の場合、塗装面積については同じになります。(この場合は7坪+7坪+6坪=20坪となります) 3階建ての場合大きく費用が変わるのは足場代になります。 足場代の違いについては以下の表を参考にしてください。 階数 面積 単価 費用 2階建て 242㎡ 600~900円/㎡ 145,000~217,500円 3階建て 345㎡ 600~900円/㎡ 207,000~310,500円 そのため、足場代を含めた場合3階建て20坪住宅の費用相場(シリコン塗料)は約55~100万円になります。 外壁塗装で費用が変わるポイントは?   外壁塗装で費用が変わるポイントは以下の3つです。 ①塗料の種類 ②外壁の素材 ③劣化具合 ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。 塗料の種類によって費用が変わる 外壁に使用する塗料はいろいろな種類があります。それぞれの塗料の種類によって価格や耐久性が違うため以下の表をご覧ください。 塗料の種類 耐久性 単価(㎡)*3回塗りの合計 アクリル 5~7年 1,400~1,600円 ウレタン 8~10年 1,700~2,200円 シリコン 10~15年 2,000~3,000円 ハイブリッド塗料 ※当社イチオシ 15~18年 2,500~3,000円 フッ素 15~18年 3,000~3,800円 無機塗料 ※当社イチオシ 20~25年 3,500~4,000円 外壁塗装の費用は塗料のグレードによって大きく変わってきます。 グレードが高ければ高いほど費用が高くなりますが、その分耐久年数や機能がよくなるため、外壁塗装業者にそれぞれの特徴などを聞きながら決めていくのがいいでしょう。 外壁塗装の塗料の種類や、それぞれの違いについては以下のブログで詳しく解説しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装の塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介 当社ではハイブリット塗料・無機塗料をおすすめしております。 一回の外壁塗装における費用は上がりますが、長期的な目で見た場合のトータルコストでは高耐久の塗料がコストパフォーマンスが良い傾向があるからです。 外壁材の種類によっても費用が変わる お家の外壁材の種類によっても、外壁塗装の塗装相場は大きく変わります。 一般的な外壁材の種類としては以下の5つがあります。 タイル トタン サイディング ALC モルタル それぞれの特徴と、20坪の平均的な費用相場は以下の表になります。 外壁の種類 特徴 ㎡単価 20坪の外壁塗装の費用相場 タイル 耐久性、色あせしにくい特徴 2,300~4,000円 227,700~396,000円 トタン サビなどが発生しやすいが継ぎ目がなくコーキング費用が0円 1,200〜5,000円 118,800~495,000円 サイディング デザイン性があり、耐久性にも優れる 5,000〜10,000円 495,000~990,000円 ALC 素材が軽く防火性や耐火性に優れる 1,700〜5,500円 168,300~544,500円 モルタル デザイン性に優れる 2,000〜8,000円 198,000~792,000円 ※建坪20坪(99㎡)の場合の外壁の種類ごとの費用相場となります。 ※使用する塗料のグレードによって㎡あたりの金額に幅があります。 劣化具合によって費用が変わる 外壁の劣化具合でも外壁塗装の費用は変わってきます。 軽度の劣化であれば外壁塗装のみで補修可能ですが、重度の劣化の場合は塗装前の修繕やリフォームに時間と追加費用が掛かってしまいます。 症状は例えば、以下のようなものです。 外壁材のひび割れ 外壁のひび割れは、劣化の進行度合いによって費用が変化します。 ひび割れの進行度合いがひどい場合は塗装で補修できない場合もあります。 ひび割れに関する外壁塗装費用や劣化症状をより詳しく知りたい方は下記のブログ記事をご覧ください。 外壁のひび割れの4つの症状と今すぐ修理すべきひび割れの症状について。 外壁のひび割れを症状ごとに補修費用を解説! コーキングの劣化 コーキングの劣化は、「剥がれ」「割れ」などさまざまです。それぞれ劣化症状によっても外壁塗装費用が変わってくるためこちらも確認が必要です。 コーキング部分の修理費用や劣化症状については、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 外壁コーキングの寿命はどれくらい?劣化原因と対応方法を解説 外壁のコーキング修理を考えている方に読んでほしい!修理費用の相場や方法をわかりやすく解説。 カビや藻が多く付いている カビなども高圧洗浄によって綺麗にできる場合もあれば、そうではない場合もあります。 外壁のカビなどについては、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 【外壁のカビ】原因と対策を紹介! 20坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント   ・数社に見積もり依頼をするまず第一に適正価格で塗装するためには数社に見積もりを依頼し見比べることがポイントになってくると思います。 ・完全自社施工の外壁塗装業者に依頼する中間マージンの発生を抑える。/施工内容の伝達がスムーズに行えるメリットがございます。 ・見積書で詳細をきちんと表記をしていない業者に依頼する見積書の表記で塗料の種類などを細かく記載していない場合や面積数などしっかりと数値を出していない業者は気を付けて下さい。 ・資格や許可証の有無資格や許可証は誰でも簡単に手に入るものではございません。プロから見て信頼できる業者、知識がきちんとあり適確な診断ができる業者という証です。 業者選びにお困りの場合は下記のブログをお読みください。外壁塗装の業者選びで困っている方に読んでほしい!プロが業者選びの5つのポイントを解説 20坪の外壁塗装費用を安く抑える方法   将来的にみた場合、屋根の塗装も一緒に行うことでよりお得になります。 理由としては、外壁塗装をする際も屋根塗装をする際もどちらも足場費用がかかってきますが、その足場費用が一回で済むからです。 先述の通り、足場費用は、 ・20坪で約145,000~217,500円 ・30坪で約207,000~310,500円 とかなりの費用がかかります。 そのため、外壁塗装と屋根塗装を別々にしてしまった場合はそれぞれのタイミングで足場費用がかかってしまいます。 少しでも安く抑えるためには同時に外壁塗装と屋根塗装を行ってしまって、足場代を1回分(約15~30万円)抑えるのがオススメです。 外壁塗装だけよりはもちろん費用は高くなってしまいますが、数年後に屋根塗装も行う場合であれば一緒に行ったほうがお得です。 20坪住宅(2階建て) 合計金額(足場あり) 外壁塗装 約50~90万円 外壁塗装& 屋根塗装 約60~100万円 まとめ   ・20坪の外壁塗装相場は約50~90万円(シリコン塗料の場合) ・外壁塗装を安く抑えるポイントは屋根塗装も一緒に行い足場代を浮かせること ・外壁塗装では、塗料の種類、外壁材の種類、劣化の状況で費用も大きく変わる ですが、実際お客様のお家を見てみないことには、正確な金額を出すことは不可能な為、外壁塗装について気になる場合は一度お近くの外壁塗装屋さんにお尋ね下さい。 ブログをお読み頂いて当社に見積もりお願いしたい…でもまだ…と少しお考えのお客様。 当社フォーグッドでは、自社塗装職人が魂を込めて塗りあげます。 また、お客様を第一に考えたサービスや適正なお値段などを提供しております。 フォーグッドがどんなことを大切にしているか、よろしければ以下のリンクからぜひご覧になってみてください。 フォーグッドが稲沢市で選ばれる理由とは

2021.11.26 更新.

50坪の外壁塗装の相場費用は?塗料や外壁材別の費用相場も解説

50坪の外壁塗装の相場費用は?塗料や外壁材別の費用相場も解説

50坪の外壁塗装相場は約120~170万円になります。 このブログでは、 50坪の外壁塗装相場の求め方 50坪のお家の詳しい見積書例 塗装費用を安く抑えるポイント などを丁寧に解説していきます。 以下のような方はぜひこのブログ記事を参考にしてみてください! 初めての外壁塗装で費用感がわからず心配 外壁塗装の具体的な費用内訳が知りたい 外壁塗装を安く抑えるためのポイントを知りたい 目次   50坪の外壁塗装相場 50坪の外壁面積の求め方 50坪の外壁塗装の費用の内訳 外壁塗装で費用が変わるポイントは? 50坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント 50坪の外壁塗装費用を安く抑える方法 まとめ 50坪の外壁塗装相場   外壁塗装の一般的な50坪の一戸建ての場合、費用相場(シリコン塗料)は約120~170万円になります。 この費用にこれだけの幅があるのは、同じ50坪の家でも窓の大きさにより塗装面積に差があることや、軒天などの付帯部塗装の差によって生じます。  上記のお値段を見てすぐにでもご自宅の見積もりが欲しい場合は当社にお気軽にご相談ください。 ↓ ↓ ↓ 50坪の外壁面積の求め方   外壁塗装の費用において、費用を大きく左右するのが外壁塗装の塗装部分の面積です。 外壁塗装をこれから考えられている方、既に見積りをもらっている方も費用の判断が付かない場合は以下の計算式に当てはめると外壁面積を出すことが出来ます。 計算式:延べ床数の坪数 × 3.3㎡ ×  係数1.5 = 外壁面積 1坪=約3.3㎡ 係数1.2~1.7(家の形が正方形であれば1.2に近く、複雑な形であれば1.7に近いとされます。一般的なお家を考え、当社経験を含め係数1.5と計算致します。) 例えば、以下のようなお家の場合の塗装面積については上記の式で大体の数値を計算できます。 今回このブログでポイントをあてている50坪の住宅とは以下の画像のような建坪25坪で二階建てのことを指します。   例(50坪総2階 戸建ての場合):25坪 × 3.3㎡ × 2 (総2階) × 1.5 = 247.5㎡ このことから、塗装面積は大体247.5㎡となります。 50坪の外壁塗装の費用の内訳       外壁塗装の費用は、外壁だけではなく 軒天などの付帯部分 外壁の目地などのコーキング部 ベランダ防水 足場代 などがかかってきます。 それらを含めた実際の50坪の外壁塗装費用相場の見積書例は以下のようになります。 内訳 面積 単価 金額 外壁塗装 247㎡     2,300~3,000円/㎡ 568,100~741,000円 高圧洗浄 247㎡   150~300円/㎡ 37,050~74,100円 養生 247㎡   150~300円/㎡ 37,050~74,100円 軒天 28㎡ 900~1,500円/㎡ 25,200~42,000円 破風・鼻隠し 56m 500~900円/m 28,000~50,400円 雨戸・戸袋 14枚 1,500~2,000円/枚 21,000~28,000円 シャッターボックス 14個 1,500~2,000円/個 21,000~48,000円 出窓・庇 7個 1,500~2,000円/個 10,500円~14,000円 樋 66m 500~900円/m 33,000円~59,400円 水切り 50m 600~1,000円/m 30,000円~50,000円 コーキング打替え 160m 700~1,200円/m 112,000円~192,000円 コーキング増し打ち 240m 500~1,000円/m 120,000円~240,000円 足場 311㎡ 600~900円/㎡ 186,600円~279,900円 合計 1,22,900円~1,782,900円 50坪住宅の屋根塗装について 屋根塗装は外壁塗装と一緒に行うのが非常におすすめです。 また、その際は屋根は外壁よりも日光や雨風の影響を受けやすいため、少しグレードのいい塗料を使うのがいいです。 外壁塗装と屋根塗装を同時に行っていくメリットは3つあります。 外壁塗装と屋根塗装を同時に行う3つのメリット ①足場代を節約できるのでお得一緒に行うことで足場代1回分の約18万円~28万円が節約ができます。 ②業者探しから始める手間がなくなる信頼できる業者を選ぶためにも数社から見積もりを取ったり、営業さんと喋ったりほんとに大変です。一緒に行えばその手間がなくなります。 ③ご近所の挨拶周りも1回で済む屋根塗装を安全に作業を行う為に足場を設置したり、塗料を使用する為、騒音や塗料の匂いが発生するため挨拶が必要です。 外壁塗装と屋根塗装を同時に行う場合の費用について 50坪の住宅の屋根塗装の費用目安は約50~70万円(足場代込み)です。 50坪の住宅の場合、約18万円~28万円が足場代です。 屋根塗装を同時に行う場合は、先述の通り、外壁塗装の塗料より少しグレードの良い塗料を使いましょう。 ①例,外壁:シリコン塗料 耐久性10年屋根:シリコン塗料 耐久性15年 ②例,外壁:ハイブリッド塗料 耐久性15~18年屋根:無機塗料 耐久性20~25年 上記のような組み合わせにすると次回の塗装が同じ時期にできます。 外壁塗装で費用が変わるポイントは?   外壁塗装で費用が変わるポイントは以下の3つです。 ①塗料の種類 ②外壁の素材 ③劣化具合 ここでは、それぞれについて詳しく解説していきます。 塗料の種類によって費用が変わる 外壁に使用する塗料は色んな種類があります。その種類によって価格や耐久性が違うため以下の表をご覧ください。 塗料の種類 耐久性 単価(㎡)*3回塗りの合計 アクリル 5~7年 1,400~1,600円 ウレタン 8~10年 1,700~2,200円 シリコン 10~15年 2,000~3,000円 ハイブリッド塗料 ※当社イチオシ 15~18年 2,500~3,000円 フッ素 15~18年 3,000~3,800円 無機塗料 ※当社イチオシ 20~25年 3,500~4,000円 外壁塗装の費用は塗料のグレードによって大きく変わってきます。 グレードが高ければ高いほど費用が高くなりますが、その分耐久年数や機能がよくなるため、外壁塗装業者にそれぞれの特徴などを聞きながら決めていくのがいいでしょう。 外壁塗装の塗料の種類や、それぞれの違いについては以下のブログで詳しく解説しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装の塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介 当社ではハイブリット塗料・無機塗料をおすすめしております。 一回の外壁塗装における費用は上がりますが、長期的な目で見た場合のトータルコストでは高耐久の塗料がコストパフォーマンスが良い傾向があるからです。 外壁材の種類によっても費用が変わる お家の外壁材の種類によっても、外壁塗装の塗装相場は大きく変わります。 一般的な外壁材の種類としては以下の5つがあります。 タイル トタン サイディング ALC モルタル それぞれの特徴と、50坪の平均的な費用相場は以下の表になります。 外壁の種類 特徴 ㎡単価 50坪の外壁塗装の費用相場 タイル 耐久性、色あせしにくい特徴 2,300~4,000円 568,100~988,000円 トタン サビなどが発生しやすいが継ぎ目がなくコーキング費用が0円 1,200〜5,000円 296,400~1,235,000円 サイディング デザイン性があり、耐久性にも優れる 5,000〜10,000円 1,235,000~2,470,000円 ALC 素材が軽く防火性や耐火性に優れる 1,700〜5,500円 419,000~1,358,500円 モルタル デザイン性に優れる 2,000〜8,000円 494,000~1,976,000円 ※建坪50坪(247㎡)の場合の外壁の種類ごとの費用相場となります。 ※使用する塗料のグレードによって㎡あたりの金額に幅があります。 劣化具合によって費用が変わる 外壁の劣化具合でも外壁塗装の費用は変わってきます。 軽度の劣化であれば外壁塗装のみで補修可能ですが、重度の劣化の場合は塗装前の修繕やリフォームに時間と追加費用が掛かってしまいます。 症状は例えば、以下のようなものです。 外壁材のひび割れ 外壁のひび割れは、劣化の進行度合いによって費用が変化します。 ひび割れの進行度合いがひどい場合は塗装で補修できない場合もあります。 ひび割れに関する外壁塗装費用や劣化症状をより詳しく知りたい方は下記のブログ記事をご覧ください。 外壁のひび割れの4つの症状と今すぐ修理すべきひび割れの症状について。 外壁のひび割れを症状ごとに補修費用を解説! コーキングの劣化 コーキングの劣化は、「剥がれ」「割れ」などさまざまです。それぞれ劣化症状によっても外壁塗装費用が変わってくるためこちらも確認が必要です。 コーキング部分の修理費用や劣化症状については、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 外壁コーキングの寿命はどれくらい?劣化原因と対応方法を解説 外壁のコーキング修理を考えている方に読んでほしい!修理費用の相場や方法をわかりやすく解説。 カビや藻が多く付いている カビなども高圧洗浄によって綺麗にできる場合もあれば、そうではない場合もあります。 外壁のカビなどについては、下記のブログ記事をぜひ参考にしててください。 【外壁のカビ】原因と対策を紹介! 50坪の住宅を適正価格で塗装するためのポイント   ・数社に見積もり依頼をするまず第一に適正価格で塗装するためには数社に見積もりを依頼し見比べることがポイントになってくると思います。 ・完全自社施工の外壁塗装業者に依頼する中間マージンの発生を抑える。/施工内容の伝達がスムーズに行えるメリットがございます。 ・見積書で詳細をきちんと表記をしていない業者に依頼する見積書の表記で塗料の種類などを細かく記載していない場合や面積数などしっかりと数値を出していない業者は気を付けて下さい。 ・資格や許可証の有無資格や許可証は誰でも簡単に手に入るものではございません。プロから見て信頼できる業者、知識がきちんとあり適確な診断ができる業者という証です。 業者選びにお困りの場合は下記のブログをお読みください。外壁塗装の業者選びで困っている方に読んでほしい!プロが業者選びの5つのポイントを解説 50坪の外壁塗装費用を安く抑える方法   将来的にみた場合、屋根の塗装も一緒に行うことでよりお得になります。 理由としては、外壁塗装をする際も屋根塗装をする際もどちらも足場費用がかかってきますが、その足場費用(20~30万円くらい)が一回で済むからです。 少しでも安く抑えるためには同時に外壁塗装と屋根塗装を行ってしまって、足場代を1回分抑えるのがオススメです。 外壁塗装だけよりはもちろん費用は高くなってしまいますが、数年後に屋根塗装も行う場合であれば一緒に行ったほうがお得です。 50坪の住宅の場合 合計金額(足場あり) 外壁塗装 120~170万円 外壁塗装& 屋根塗装 140~190万円 まとめ   ・50坪の外壁塗装相場は約120~170万円(シリコン塗料の場合) ・外壁塗装を安く抑えるポイントは屋根塗装も一緒に行い足場代を浮かせること ・外壁塗装では、塗料の種類、外壁材の種類、劣化の状況で費用も大きく変わる ですが、実際お客様のお家を見てみないことには、正確な金額を出すことは不可能な為、外壁塗装について気になる場合は一度お近くの外壁塗装屋さんにお尋ね下さい。 ブログをお読み頂いて当社に見積もりお願いしたい…でもまだ…と少しお考えのお客様。 当社フォーグッドでは、自社塗装職人が魂を込めて塗りあげます。 また、お客様を第一に考えたサービスや適正なお値段などを提供しております。 フォーグッドがどんなことを大切にしているか、よろしければ以下のリンクからぜひご覧になってみてください。 フォーグッドが稲沢市で選ばれる理由とは

2021.11.19 更新.

40坪の外壁塗装の相場費用は約95~150万円!費用の求め方や見積書例も併せて紹介

40坪の外壁塗装の相場費用は約95~150万円!費用の求め方や見積書例も併せて紹介

外壁塗装の40坪相場は、約95~150万円です。 実際に外壁塗装を依頼した場合、塗装面積や様々な付帯部分によって費用が変わってきます。 このブログでは、 40坪の外壁塗装相場の求め方 40坪のお家の詳しい見積書例 塗装費用を安く抑えるポイント などを丁寧に解説していきます。 以下のような方はぜひこのブログ記事を参考にしてみてください! 40坪住宅で外壁塗装を検討している方 詳細な外壁塗装の内訳費用を知りたい方 目次   ・40坪の外壁塗装の費用相場 ・40坪の外壁塗装の見積書例 ・外壁塗装で費用が変わるポイント ・外壁塗装を依頼する際のポイント ・まとめ 40坪の外壁塗装の費用相場   一般的な40坪の一戸建ての場合、外壁塗装の費用相場(シリコン塗料)は、約95~150万円になります。この費用にこれだけの幅があるのは、同じ40坪の家でも窓の大きさにより塗装面積に差があることや、軒天などの付帯部塗装の差によって生じます。   ・今持っているお見積もりが上記の金額よりも高い・シリコン塗料での外壁塗装を検討しているが見積もりを持っていない・まずは電話で費用について聞きたい 上記に当てはまる方は、以下よりお電話受付中です。お気軽にお電話下さい! ↓ ↓ ↓ 40坪の外壁塗装の見積書例   外壁塗装の費用は、外壁だけではなく軒天などの付帯部分、外壁の目地などのコーキング、ベランダ防水、足場などもかかります。 40坪の外壁塗装費用相場の見積書例は以下の通りです。 内訳 面積 単価 金額 外壁塗装 198㎡   2,300~3,000円/㎡ 455,400~594,000円 高圧洗浄 198㎡ 150~300円/㎡ 29,700~59,400円 養生 198㎡ 150~300円/㎡ 29,700~59,400円 軒天 24㎡ 900~1,500円/㎡ 18,000~30,000円 破風・鼻隠し 48m 500~900円/m 24,000~43,200円 雨戸・戸袋 12枚 1,500~2,000円/枚 18,000~24,000円 シャッターボックス 12個 1,500~2,000円/個 18,000~24,000円 出窓・庇 6個 1,500~2,000円/個 9,000~12,000円 樋 57m 500~900円/m 28,500~51,300円 水切り 43m 600~1,000円/m 25,800~43,000円 コーキング打替え 140m 700~1,200円/m 98,000~168,000円 コーキング増し打ち 210m 500~1,000円/m 105,000~210,000円 足場 288㎡ 600~900円/㎡ 210,000~315,000円 合計金額  967,800~1,489,300円   このように、外壁塗装には塗料や足場だけではなく、さまざまな費用がかかります。 外壁塗装で費用が変わるポイントは?   ポイント1:屋根塗装で費用が変わる 屋根や外壁の塗装工事には、高所作業のための足場が必須になります。 この足場の設置・解体代が意外と高く、40坪住宅の塗装では20~30万円前後になります。足場代を1回分(20~30万円)浮かせるため、屋根と外壁の塗装を同時に済ませる方がいる理由です。外壁塗装だけよりはもちろん費用は高くなってしまいますが、数年後に屋根塗装も行う場合であれば一緒に行ったほうがお得です。   また、次回も屋根と外壁の塗装タイミングを合わせたい場合は、屋根に「フッ素塗料」、外壁に「シリコン塗料」を使うと塗装サイクルが合ってくると思います。 外壁に比べて屋根のほうが、日差しや雨水がダイレクトに当たるため外壁よりダメージが大きくかかります。同じグレードの塗料を使っても、屋根のほうが耐用年数が短くなる為、屋根には外壁よりもワンランク上の耐久年数がある塗料で塗装することをおすすめします。 ポイント2:外壁塗装で使用する塗料で費用が変わる 外壁に使用する塗料は色んな種類があります。その種類によって価格や耐久性が違うため以下の表をご覧ください。 塗料の種類 耐久性 単価(㎡)*3回塗りの合計 アクリル 5~7年 1,400~1,600円 ウレタン 8~10年 1,700~2,200円 シリコン 10~15年 2,000~3,000円 ハイブリッド塗料 ※当社イチオシ 15~18年 2,500~3,000円 フッ素 15~18年 3,000~3,800円 無機塗料 ※当社イチオシ 20~25年 3,500~4,000円   外壁塗装の費用は塗料のグレードによって大きく変わってきます。グレードが高ければ高いほど費用が高くなりますが、その分耐久年数や機能がよくなるため、外壁塗装業者にそれぞれの特徴などを聞きながら決めていくのがいいでしょう。   外壁塗装の塗料の種類や、それぞれの違いについては以下のブログで詳しく解説しています。気になった方はぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装の塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介   当社ではハイブリット塗料・無機塗料をおすすめしております。 インターネット上ではシリコン塗料がおすすめされることが多いですが、長期的な目で見た場合のトータルコストでは高耐久の塗料がコストパフォーマンスが良い傾向があるからです。 ポイント3:外壁材の種類によっても費用が変わる 外壁の種類、今回は5つ紹介します。 一般的な外壁材の種類としては以下の5つがあります。 タイル トタン サイディング ALC モルタル   それぞれの特徴と、40坪の平均的な費用相場は以下の表になります。 外壁の種類 特徴 ㎡単価 40坪 費用相場 タイル 耐久性、色あせしにくい特徴 ¥2,300~¥4,000 ¥455,400~¥792,000 トタン サビなどが発生しやすいが継ぎ目がなくコーキング費用が0円 ¥1,200〜¥5,000 ¥237,600~¥990,000 サイディング デザイン性があり、耐久性にも優れる ¥5,000〜¥10,000 ¥990,000~¥1,980,000 ALC 素材が軽く防火性や耐火性に優れる ¥1,700〜¥5,500 ¥336,600~¥1,089,000 モルタル デザイン性に優れる ¥2,000〜¥8,000 ¥396,000~¥1,584,000 ※延べ床40坪(198㎡)の場合の外壁の種類ごとの費用相場となります。 ※使用する塗料のグレードによって㎡あたりの金額に幅があります。 ポイント4:劣化具合によって費用が変わる 建物の築年数やそれまでのメンテンナンスによって、建物の劣化の具合が変わってくるので、それらの劣化部分を直す分、工事費用はどうしても高くなります。 外壁塗装のみで補修が可能なものであれば、通常の外壁塗装費用だけで済みますが、重度の劣化の場合は塗装前の修繕やリフォームに時間と追加費用が掛かってしまいます。 症状は例えば、以下のようなものです。   ・外壁材のひび割れ 外壁のひび割れは、劣化の進行度合いによって費用が変化します。ひび割れに関する外壁塗装費用はこちらのブログ記事で詳しく解説しております。 ・コーキングの劣化 コーキングの劣化は、「剥がれ」「割れ」などさまざまです。それぞれ劣化症状によっても外壁塗装費用が変わってくるためこちらも確認が必要です。 コーキング部分の修理費用については、こちらのブログ記事をぜひ参考にしててください。 ・カビや藻が多く付いている カビなども高圧洗浄によって綺麗にできる場合もあれば、そうではない場合もあります。 ポイント5:塗装面積によって外壁塗装費用が変わる 外壁塗装の費用として大きく左右するのが外壁塗装の塗装面積です。この面積は、全体の外壁の面積から窓などの塗装しない面積を差し引いたものになります。 外壁塗装をこれから考えられている方、既に見積りをもらっている方も費用の判断が付かない場合は以下の計算式に当てはめると外壁面積を出すことが出来ます。 1坪=約3.3㎡ 係数1.2~1.7(家の形が正方形であれば1.2に近く、複雑な形であれば1.7に近いとされます。一般的なお家を考え、当社経験を含め係数1.5と計算致します。) 計算式 延べ床数の坪数(1階2階合わせた坪数) × 3.3㎡ ×  係数1.5 = 外壁面積 例(40坪総2階 戸建ての場合)20坪 × 3.3㎡ × 2(総2階) × 1.5 = 198㎡ 外壁塗装を依頼する際のポイント   塗装業者に依頼する際、大切なポイントが5つあります。 ①資格や許可証の有無 資格や許可証は誰でも簡単に手に入るものではございません。 プロから見て信頼できる業者、知識がきちんとあり適確な診断ができる業者という証です。 ②施工実績 実績はお客様に選んで頂いて初めて作れるものです! ③保険や保証の有無 保険や保証はお客様への安心感作り!思いやりだと思います。 ④自社施工かどうか 中間マージンの発生を抑える。/施工内容の伝達がスムーズに行えるメリットがございます。 ⑤見積書の質 外壁塗装を依頼する上で重要な判断基準です。 塗料の種類などを記載していない場合、悪徳業者かもしれないので注意が必要です。 外壁塗装業者を選ぶ際は以下のブログをぜひ参考にしてみてください。 外壁塗装の業者選びで困っている方に読んでほしい!プロが業者選びの5つのポイントを解説 まとめ   40坪の外壁塗装の相場はシリコン塗料の場合、約95~150万円ぐらいその内訳や詳細などをお話しましたが、実際お客様のお家を見てみないことには塗装面積やコーキングの劣化・ひび割れなどを確認出来ない為、正確な金額を出すことは不可能な為、外壁塗装について気になる場合は一度お近くの外壁塗装屋さんにお尋ね下さい。 ブログをお読み頂いて当社に見積もりお願いしたい…でもまだ…と少しお考えのお客様。 当社フォーグッドでは、自社塗装職人が魂を込めて塗りあげます! と言う熱い思いだけではなくお客様第一に考えたサービスや適正なお値段などを提供しております。 フォーグッドがどんなことを大切にしているか、よろしければ以下のリンクをご覧ください。 少しでも安心してご依頼していただける情報はもちろん!気持ち的な内容部分もございます^^

2021.10.29 更新.

シリコン塗料の外壁塗装相場は?坪数別に費用を解説。

外壁塗装の一般的な30坪の一戸建ての場合、シリコン塗料の費用相場は約80~120万円になります。 実際に外壁塗装を依頼した場合、塗装面積や様々な付帯部分によって費用が変わってきます。 このブログでは、 シリコン塗料の坪数別費用相場 シリコン塗料の特徴 シリコン塗料の中でもおすすめの塗料 などを丁寧に解説していきます。 以下のような方はぜひこのブログ記事を参考にしてみてください! 外壁塗装でシリコン塗料での塗装を検討している方 自宅の坪数ではどれくらいの費用がかかるか知りたい方 また、すぐにでもお見積もりが欲しいという方はぜひ当社にご相談ください。(相見積もり大歓迎です!) ↓ ↓ ↓   これに屋根塗装を含めるともちろんお値段は変わってきます。この記事ではシリコン塗料の特徴、一般的な戸建てのシリコン外壁塗装の費用相場などを詳しく解説していきます。 目次   1.シリコン塗料の坪数別外壁塗装 相場 2.シリコン塗料の特徴について 3.シリコン塗料はどんな人におすすめ? 4.おすすめのシリコン塗料 5.まとめ 1.シリコン塗料の坪数別外壁塗装 相場   シリコン塗料の坪数ごとの費用相場です。 坪数 塗装面積 費用相場 20坪 99㎡ 約50~90万円 30坪 148㎡ 約80~120万円 40坪 198㎡ 約95~150万円 50坪 247㎡ 約120~170万円 60坪 297㎡ 約145~225万円 70坪 346㎡ 約190~270万円 80坪 396㎡ 約230~300万円   外壁塗装の費用は、外壁だけではなく軒天などの付帯部分、外壁の目地などのコーキング、ベランダ防水、足場などもかかります。   下記の表は一般的な30坪の一戸建ての場合(シリコン塗料) 内訳 面積 単価 金額 外壁塗装 148㎡ 2,300~3,000円/㎡ 340,400~444,000円 高圧洗浄 148㎡ 150~300円/㎡ 22,200~44,400円 養生 148㎡ 150~300円/㎡ 22,200~44,400円 軒天 20㎡ 900~1,500円/㎡ 18,000~30,000円 破風・鼻隠し 40m 500~900円/m 20,000~36,000円 雨戸・戸袋 10枚 1,500~2,000円/枚 15,000~20,000円 シャッターボックス 10個 1,500~2,000円/個 15,000~20,000円 出窓・庇 5個 1,500~2,000円/個 7,500~10,000円 樋 46m 500~900円/m 23,000~41,400円 水切り 36m 600~1,000円/m 36,600~36,000円 コーキング打替え 120m 700~1,200円/m 84,000~144,000円 コーキング増し打ち 180m 500~1,000円/m 90,000~180,000円 足場 197㎡ 600~900円/㎡ 118,200~177,300円 合計 812,100~1,227,100円 このように、外壁塗装には塗料や足場だけではなく、さまざまな費用がかかってきます。 2.シリコン塗料の特徴について   シリコン樹脂を使った塗料がシリコン塗料です。 シリコン塗料は外壁塗装で最も一般的に使われている塗料と言われております。 メリット  ・コストパフォーマンスが高い シリコン塗料は費用と耐用年数の割合が高く、長期的な目で見るとコストパフォーマンスが高いです。 ・汚れにくい 塗装の仕上がりの際、ツヤがあり、雨やほこり等の汚れを防ぐ機能があります。 ・アクリルやウレタンより長持ち 耐水性に優れた樹脂ですので、建物を雨から守るという意味で、アクリル樹脂やウレタン樹脂の塗料よりは耐候性は高く長持ちします。また、耐紫外線にも強いため耐候性が高く長持ちします。 ・紫外線による劣化に強い 緻密に結合した分子構造の働きで、外壁の劣化を最小限に抑え、高い耐候性(紫外線による劣化への抵抗力)を発揮します。 デメリット  ・ひび割れしやすい 塗装後の塗膜が硬くひび割れしやすいです。※シリコン塗料の中にはひび割れしにくい機能を持ったものもあります。 ・アクリル塗料・ウレタン塗料よりも価格が高い 塗料代の違いにより、これら2種類の塗料よりも工事費用は高くなります。 10年以内で退去や解体が決まっている家には、塗料の寿命が余ってしまうでしょう。 ・フッ素や無機塗料よりも耐久性が低い 反対に、シリコン塗料塗料の寿命は、フッ素や無機塗料ほどは長くありません。 「金額が多少高くなっても、寿命が長く、工事回数を少なく抑えたい」という場合は、シリコン塗料おすすめしません。 ・DIYには向かない シリコン塗料は、塗装箇所への付着力が弱く、素人が上手く塗装するのは難しい塗料です。 DIYでの補修作業には向かず、知識と経験を備えたプロの職人さんが扱うための塗料と言えるでしょう。   シリコン塗料以外の塗料も検討している方は、ぜひ塗料の種類をまとめた以下の記事も参考にしてみてください。 外壁塗装の塗料の種類とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介 3.シリコン塗料はどんな人におすすめ?   耐用年数や費用、塗料の効果などのバランスの良さが魅力となります。 ・塗料のコストパフォーマンスを重視する人 ・塗装予定の家に、あと10年以上は住み続ける人 ・光沢感のある外観に仕上げたい人 シリコン塗料は、費用対効果を重視する人のほか、独自の特徴である光沢の強さを活かしたい人に向いています。 4.おすすめのシリコン塗料 シリコン塗料の中にはシリコンの含有量が1%しかないものを、シリコン系塗料として販売している場合もあるので、塗料が格安だった場合は、本当に質が良いものかどうかを考え見極める必要があります。   当社おすすめの塗料をご紹介いたします。 メーカ:日本ペイント タイプ:水性 特徴: ・作業性抜群 ・ラジカル制御技術 ・美しいつや ・低汚染性 ・防藻/防カビ性 ・透湿性 ・バラの香りに包まれてリフォーム   日本ペイントは1881年創業の、日本初の塗料メーカーです。建築塗料以外に自動車用塗料など様々な分野を扱い、国内売り上げ1位、建築塗装でもシェア2位となっています。 各分野で培った技術力と、他メーカーと比べて安価で扱いやすい塗料が多いのが人気の理由です。   メーカ:ロックペイント タイプ:水性   特徴: ・超低汚染性 ・高耐候性 ・作業性抜群/仕上がり良好 ・防藻/防カビ性 ・メンテナンスコスト節約     ロックペイントは1931年創業の塗料メーカーです。 「人と環境にやさしい商品とサービスの提供」を掲げ、特に自動車用の塗料で有名ですが、建築用塗料もとても充実しています。 比較的安価で選びやすく、職人にとっても作業しやすい塗料が多いのが特徴です。   弊社でも上記の塗料は取り扱い可能です。その中でも当社はロックペイントさんのハイパービルロックはコストパフォーマンスが良くおすすめの塗料となりますので気になった方は以下から是非ご覧くださいませ。 高級シリコン外壁塗装パック 一口にシリコン系塗料といっても、耐久性や機能に差があるため、自宅の外壁に最も適したタイプを選ぶには専門知識がなければ判断が難しくなるでしょう。また、塗装部分によって水性・油性を使い分ける必要がある為、塗料は自分だけで選ぶのではなく信頼できるプロの業者にアドバイスを求めることが、一番良いといえるでしょう。 5.まとめ   外壁塗装で一番気になるシリコン塗料についてご紹介しました。その特徴はもちろんのことコストパフォーマンスの高さが評価されています。ただ、何の知識もないままシリコン塗料をススメられたからと契約を結んでしまうのは危険です。 本当にお客様のニーズにあっている塗料なのか、含有量が何%なのか、ススメられているシリコン塗料はどこのメーカーの商品なのか、しっかりと質問をしてまずは数社に見積り依頼をしましょう。外壁塗装の一般的な30坪の一戸建ての場合、シリコン塗料の費用相場は約80~120万円になります。こちらも参考にしながらお考え下さい。 フォーグッドではお客様一人一人とお話をし、各家庭のニーズに合った塗料をすすめております。そして、自社塗装職人が魂を込めて塗りあげます! と言う熱い思いだけではなく、 お客様第一に考えたサービスや適正なお値段などを提供しております。 フォーグッドがどんなことを大切にしているか、なぜお客様に選んでいただけるのかについては下記のページから詳しくご確認いただけます。ぜひ、ご覧になってみてください。  

2021.10.27 更新.

フォーグッドの日誌一覧はコチラ

外壁塗装大相談会|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!   1/8㈯・9㈰・10㈪ 10:00~16:00 外壁塗装大相談会を行います!! 外壁塗装大相談会当日にお越しいただくことが難しいお客様もご連絡頂けますと幸いです。 ↓ ↓ ↓   この機会に是非とも御来店下さいますようお願い申し上げますスタッフ一同 皆様の御来店を心よりお待ちしております  ♪イベント特典その1♪ みかん詰め放題プレゼント!!※1 ♪イベント特典その2♪ 福袋プレゼント!!※1 ♪イベント特典その3♪ お菓子詰め放題プレゼント!!※1 ♪イベント特典その4♪ 外壁塗装のお見積もりをご依頼されたお客様にコメダ珈琲チケット1,000円分をプレゼント!!※2   ※1 アンケートご記入いただくことが条件となります ※2 外壁塗装のお見積りの方に限ります   「そろそろ塗り時かな?」 「見積もりを比較したい!!」 「自分の家は大丈夫なの?」 「いつ塗り替えるのがベストなの?」 などなど、いろいろと気になることがあると思います。 イベントの機会にお気軽にお立ち寄りいただいて、お家のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。 お客様のご来店お待ちしております!   フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から44年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック!   フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2022.01.07 更新

年末年始休業のお知らせ|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!   年末年始休業のお知らせです! 誠に勝手ながら、下記の期間を休業期間とさせていただきます。 2021年12月29日(水)~ 2022年1月5日(水) ショールームはお休みですが、お電話&お問い合わせフォームでのご連絡は対応しております。 ご迷惑おかけしますが,何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。   フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から44年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。   ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック! フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2021.12.24 更新

秋の外壁&屋根塗装祭 第2弾|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!   10/2㈯・3㈰ 10:00~16:00 秋の外壁&屋根塗装祭 第2弾を行います!!   10/2㈯~10月末日までキャンペーンも同時開催いたします。 秋の外壁&屋根塗装祭当日にお越しいただくことが難しいお客様もご連絡頂けますと幸いです。 この機会に是非とも御来店下さいますようお願い申し上げますスタッフ一同 皆様の御来店を心よりお待ちしております  ♪イベント特典その1♪ 来場された方にサイコロ1つを振って、出た目の数だけどカップ麺+お菓子をプレゼント!!※1 ♪イベント特典その2♪ 外壁塗装のお見積もりをご依頼されたお客様にクオカード1,000円分をプレゼント!!※2 ♪イベント特典その3♪ ご成約されたお客様にギフト券1万円分をプレゼント!!※3 ♪目玉特典♪くじ引き抽選会 1等 MUGAプラン半額 2等 20万円オフ 3等 10万円オフ   抽選が外れた方は サイコロ2つの出た目の和の%をお見積り金額よりお値引きいたします! ※1 アンケートご記入いただくことが条件となります ※2 外壁塗装のお見積りの方に限ります ※3 50万円以上のご成約に限ります 「そろそろ塗り時かな?」 「見積もりを比較したい!!」 「自分の家は大丈夫なの?」 「いつ塗り替えるのがベストなの?」 などなど、いろいろと気になることがあると思います。 イベントの機会にお気軽にお立ち寄りいただいて、お家のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。 お客様のご来店お待ちしております!     フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から43年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック!               フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2021.10.01 更新

秋の外壁&屋根塗装祭|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!   9/11㈯・12㈰ 10:00~16:00 秋の外壁&屋根塗装祭を行います!!   9/11㈯~9月末日までキャンペーンも同時開催いたします。 秋の外壁&屋根塗装祭当日にお越しいただくことが難しいお客様もご連絡頂けますと幸いです。 この機会に是非とも御来店下さいますようお願い申し上げますスタッフ一同 皆様の御来店を心よりお待ちしております  ♪イベント特典その1♪ 来場された方にサイコロ1つを振って、出た目の数だけどカップ麺+お菓子をプレゼント!!※1 ♪イベント特典その2♪ 外壁塗装のお見積もりをご依頼されたお客様にクオカード1,000円分をプレゼント!!※2 ♪イベント特典その3♪ ご成約されたお客様にギフト券1万円分をプレゼント!!※3 ♪目玉特典♪くじ引き抽選会 1等 39万円引き 2等 20万円オフ 3等 10万円オフ   抽選が外れた方は サイコロ2つの出た目の和の%をお見積り金額よりお値引きいたします! ※1 アンケートご記入いただくことが条件となります ※2 外壁塗装のお見積りの方に限ります ※3 50万円以上のご成約に限ります 「そろそろ塗り時かな?」 「見積もりを比較したい!!」 「自分の家は大丈夫なの?」 「いつ塗り替えるのがベストなの?」 などなど、いろいろと気になることがあると思います。 イベントの機会にお気軽にお立ち寄りいただいて、お家のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。 お客様のご来店お待ちしております!     フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から43年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック!               フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2021.09.11 更新

夏季休業のお知らせ|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!   夏季休業についてのお知らせです! 誠に勝手ながら、下記の期間を休業期間とさせていただきます。 2021年8月12日(木) 〜8月15日(日) ショールームはお休みですが、お電話&お問い合わせフォームでのご連絡は対応しております。 ご迷惑おかけしますが,何卒ご了承のほどよろしくお願いいたします。   フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から43年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック!               フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2021.08.07 更新

2周年祭!!|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは! 外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです! おかげさまで、フォーグッド株式会社のショールームは2周年を迎えることが出来ました これもひとえに皆様の御愛顧の賜物と心より感謝申し上げますつきましては 日頃の感謝の気持ちを込めまして   5月15日㈯・16日㈰の2日間 "2周年大感謝祭"を開催します!! この機会に是非とも御来店下さいますようお願い申し上げますスタッフ一同 皆様の御来店を心よりお待ちしております  ♪イベント特典その1♪ 来場された方にサイコロを振って、出た目の数だけどん兵衛をプレゼント!!※1   ♪イベント特典その2♪ 外壁塗装のお見積もりをご依頼されたお客様にお米3kgをプレゼント!!※2   ♪イベント特典その3♪ ご成約されたお客様にギフト券1万円分をプレゼント!!※3   ♪目玉特典♪くじ引き抽選会 1等 シリコン塗料プラン 65.8万円(税込) 1等 無機塗料プラン   87.8万円(税込) 工事内容:塗料+足場+メッシュ+高圧洗浄+下塗り+中塗り+上塗り+付帯塗装+シーリング 特別価格でご提供します!!※延床30坪のお家の場合(150㎡) 2等→10%割引券 3等→5%割引券 ※1 アンケートご記入いただくことが条件となります ※2 外壁塗装のお見積りの方に限ります ※3 50万円以上のご成約に限ります   「そろそろ塗り時かな?」 「見積もりを比較したい!!」 「自分の家は大丈夫なの?」 「いつ塗り替えるのがベストなの?」 などなど、いろいろと気になることがあると思います。 イベントの機会にお気軽にお立ち寄りいただいて、お家のメンテナンスを考えてみてはいかがでしょうか。 お客様のご来店お待ちしております!   フォーグッドは外壁塗装・屋根塗装の専門店です。創業から43年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。 地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。 これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。 ■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!詳しくはこちらをクリック!               フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!詳しくはこちらをクリック!

2021.05.13 更新

フォーグッドからのお知らせ一覧はコチラ

尾張地区で高品質塗装で施工実績6000件

稲沢市・一宮市・清須市を中心に営業中
自社施工、公共施設の品質を戸建て住宅で実現した屋根塗装、外装塗装専門店!MESSAGE

愛知県稲沢市周辺で外壁・屋根塗装をご検討するなら、ぜひご相談ください!

初めまして!この度はフォーグッドの屋根&外壁塗装ホームページをご覧くださり誠にありがとうございます。

弊社は完全自社職人にこだわる塗装工事会社として昭和52年に愛知県稲沢市で創業しました。尾張地区では比較的歴史のある会社かと思います。

また、今まで大手ハウスメーカーの下請け工事や公共施設の塗装工事を中心に仕事をしてきました。そのため、厳しい検査基準を設けられ、なかなか検査に合格しない事も過去にありましたが、今では一発合格する品質を実現できるようになりました。そのため、塗装品質、技術力に自信があります。

そして、愛知県稲沢市、一宮市、清須市にお住まいの多くの方に「外壁塗装工事は行っていないの?」とお声かけを頂き、2017年から本格的に戸建て住宅の塗装事業を開始しました。

公共施設や大手ハウスメーカーの品質を、中間マージン0の安心できる価格でご提供できることが弊社の強みとなります。

<最後に>

これからも44年以上の長い歴史で培った信用・信頼を崩さぬよう、職人会社としてのプライドをかけた手抜きのない、誠実な仕事を行ってまいります。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

塗装で成功するためのポイントとは

塗装工事で成功するためには
良い会社選びが重要です!

  • ポイント1
     見積りで価格をごまかさない会社を選ぶ!

    塗装工事の見積りの内容を分かりやすく、不透明な部分をきちんと説明してくれますか?

  • ポイント2
     お家に合った塗装提案をしてくれる会社を選ぶ!

    お家の診断をもとにした、最適な塗装プランを提案してくれる会社ですか?

  • ポイント3
     塗装後も長く付き合ってくれる会社を選ぶ!

    塗装後の定期点検や、自社工事保証書の発行をしてくれる会社ですか?

外壁、屋根の塗装面積に注意!

見積りで一番大切な事は、「実際に塗装する面積の確認」です。
「外壁塗装一式○○円」という一式見積もりは論外として、見積を数社比較した結果、㎡数が異なる場合があります。

なぜそのように見積りが異なるのでしょうか。それは「ぱっと見て小さく見えた外壁部分が意外と凸凹がありプラス何十㎡だった」等といった外壁、屋根の計測を時間をかけて丁寧に行っていない事による㎡数の計算ミスがあるからです。

その状況が職人さんが外壁塗装、屋根塗装工事を始めて判明する事になります。するとどうなるか。「この●㎡で契約している」から、「これで何とかしてくれ!」と下請け職人に泣いてもらうのでしょうか?

「これで何とかやってくれ」と言われた下請けの塗装職人さんがは皆生活をしていかなければいけませんので、どうしても「単価に合わせた工事」になってしまいます。
そうなった場合、塗料メーカーの出している基準塗布量を守らずに外壁塗装してしまったり、塗装回数を3回塗るところを2回に少なくしたりと不良工事を生み出すことになります。
このような事を防ぐ為にも、時間をかけてしっかりと丁寧に塗装面積を算出する必要があるのです。

詳しくはコチラ!初めて塗装される方へ

塗装の成功する道のり

  • 01.ご相談

    お客様のお悩みを解決するため、とことん親身になってお話を聞きたいと思っております。

  • 02.お家診断

    お客様のお家の工事箇所を現状確認を行います。塗装のプロとしてきちんと
    ポイントを絞って丁寧に見ます。

  • 03.診断報告&カラー提案

    調査結果について報告書をもとにお話した後、お客様の好みあった色を、色見本やシミュレーターを使って見つけていきます。

  • 04.見積書・プラン提出

    工事内容・費用の確認・工事開始日~完成日までの流れ、保証内容など速やかに行います。お客様が安心していただける見積りを目指しています。

  • 05.ご契約

    工事内容、予算、納期をすべてご納得いただいてからお付き合いの始まりです。お客様の快適な住まいを実現いたします。

  • 06.最終色打ち合わせ

    色見本やシミュレーターを使い、塗料や基材の色決めをします。お客様にとことん納得していただけるよう努めてまいります。

  • 07.着工日

    工事中は担当者が工事監督を努め、現場チェックや進行状況の確認を行います。工事前には近隣の方へ挨拶を行います。

  • 08.完工日

    工事終了後、私たち独自の検査(塗装品質チェック)を行います。細かな部分まで確認した後、お客様立会いのもと、一緒に確認していただきます。

  • 09.アフター

    工事内容に自信があるからこそ、最長10年の工事保証書を発行。お客様アンケートと引き換えに保証書をお渡しさせていただきます。

外壁塗装の場合、約7日~10日ほどで仕上げます。屋根、外壁の場合、約12日~14日ほどで仕上げます。早く施工することはもちろんのことですが、一つひとつ丁寧に塗装を仕上げていくため、工期が延びる可能性もあるのでご了承下さい。

お家の劣化度チェック!お家にこんな症状を見つけたらお急ぎ下さい!

  • 色あせ・くすみ

    外壁のくすみや色あせが気になったら、塗装を考え始めた方が良いでしょう。

  • チョーキング

    ★★

    外壁に手で触れると白い粉がついてくるのは劣化のサイン。塗り替え時期です。

  • カビ・藻

    ★★

    カビ・藻が、外壁の内部で繁殖する前に食い止めることをオススメします。

  • コーキング

    ★★★

    コーキングがヒビ割れしたり、痩せてしまっている場合は要注意です。

  • さび

    ★★★

    さびを放置すると穴が空いてしまいますので、その前に塗装しましょう。

  • ひび割れ

    ★★★★

    外壁のひび割れが全面に広がると張替えになり、余計な費用がかかります。

外壁劣化度
チェック

  • 劣化度小

    診断をオススメ
  • 劣化度中

    ★★ 診断をオススメ
  • 劣化度大

    ★★★ 早急に補修・塗装をオススメ

Instagram

営業日カレンダーご来店前にご確認ください!

2022年1月
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
2022年2月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
  • 休日
  • イベント

ありがとうございます!たくさんの方からお声かけ頂きました

12月のお問い合わせ数
31件
11月のお問い合わせ数
35件
10月のお問い合わせ数
39件
見て触れて体感できる塗装専門ショールームGRAND OPEN !!塗装防水専門店
  • 雨漏り診断
  • 外壁診断
  • 雨漏り診断
  • 雨漏り診断

塗装価格表塗料問屋だから仕入れ価格で良い塗装

屋根の重ね張りメニュー

詳細はコチラ

施工事例高品質施工な仕上がりをご覧下さい

現場ブログ・新着情報フォーグッドの最新情報をお届けします

  • フォーグッドFacebook
  • フォーグッドInstagram