line icon
LINEで簡単相談!
  • 日誌
  • 塗装豆知識
2021.03.01

外壁のクラックの原因と補修方法!|外壁塗装フォーグッド

稲沢市・清須市・あま市のみなさん、こんにちは!

外壁塗装・屋根塗装専門店のフォーグッドです!

今回のブログを執筆させていただく木村拓哉です!

3月に入りましたね!昼間の気温も20度近くなり過ごしやすくなってきていますね。

 

今回は外壁のクラックに関してのお話です。

 

1.クラックの種類と原因

①ヘアクラック

細いクラックで、クラック幅0.3mm以下、深さ4mm以下の微細なひび割れを指します。モルタル外壁に限らず窯業系サイディングやコンクリート外壁にもみられる現象で、外壁表面だけが微細にひび割れているヘアクラックの状態であれば構造や鉄筋の錆にも今すぐは影響しないため緊急性という点で見れば慌てる必要のないクラックです

原因

塗膜に発生しているものであればまずは経年による塗膜の劣化が考えられます。日光や紫外線の影響を受けて劣化した塗膜が素地の膨張収縮に耐えられなくなることで塗膜に亀裂が発生します。また、耐用年数と比較してかなり短い期間でヘアクラックが発生してしまった場合は施工時の塗料の乾燥時間が不十分などの施工不良が考えられます。

 

②構造クラック

クラックの幅が0.3mm以上、深さ5mm以上のものを指します。構造に影響を及ぼす可能性の高い深刻なクラックで補修が必要となります。

原因

微細なクラックだったものが構造クラックへと進行した、また地震や不同沈下といった外的要因などによるものです。

 

③乾燥クラック

クラック幅が狭く、外壁が汚れていると発見できないほどの小さなひび割れです。

原因

外壁の水分の蒸発などが原因で外壁が縮み、ひび割れが発生します。

 

④縁切れクラック

モルタルのような湿式工法の外壁によく起こるひび割れです。

原因

天候の影響や何らかの事情で工事に中断があると、その続きを塗装する際に「前に塗った箇所」と「後から塗る箇所」の繋ぎ目の部分にひび割れが出ることがあります。

 

最も緊急性が高いクラックは②の構造クラックです。①③④は軽度な補修で済みますが、いずれにしてもプロの業者に見てもらう必要があります。

 

フォーグッド外壁塗装・屋根塗装の専門店です。
創業から42年以上、稲沢市・清須市・あま市地域密着で多くの信頼と実績を積み重ねてきた塗装のプロフェッショナル集団です。

地域密着だからこそ実現できる適正価格で高品質な塗装をご提供いたします。

これまで積み重ねてきた信頼と実績に恥じぬよう、誠心誠意対応させていただきます。

■フォーグッドではお客様の声から生まれた塗装メニューがあります!
詳しくはこちらをクリック!

 

 

 

 

 

 

 

フォーグッドが選ばれる理由はここにあります!
詳しくはこちらをクリック!

Contactお問い合わせ

清須市、稲沢市、一宮市で外壁塗装や
屋根塗装のリフォームにお困りの方は、
お気軽にお問い合わせ下さい。